メダカ池のマイコン更新

メダカ池をリセットしたのでポンプの管理用マイコンも入れ替えました。
以前から遊んでいたESP2866です。
今回はソーラーパネルの電圧を計測して、モータを動かしたり、止めたり。
設定時間になったらマイコンをスリープさせ、時間になったら自動的に復帰したりといろんなことをやってみました。
一番の目玉はWifiでシステムの様子を確認したり、システムのパラメータを書き換えたりできることかな?
パラメータはポンプの間欠時間(OFFとONの時間)とマイコンが寝る時間の設定(寝る時間と起きる時間)
ソーラーパネルの電圧をみてポンプのON、OFFをやるんですがこれは固定にしました。
12V以下でポンプ待機中、12.5V以上でポンプ再稼働という具合です。

これがシステムの様子です。これに20Wのソーラーパネルがついています。
今つながっているポンプはホームセンターで買った、ふろ水くみ上げ用のポンプでこれを5Vで使っています。

この画面が私のスマホ画面のコピーです。
今はインターネットでNTPサーバの時間を取得してRTCの校正をやってるのでSTA(ステーション)モードで動かしています。
そしてこの中でWebServerが動いているんです。すごい!!
インターネット上に公開すれば、世界中から見れるようになるんですよ。
でも、危ないからやりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。