今度はWIFIモジュールだ!

巷で評判のWIFIモジュール ESP-WROOM-02で遊んでみる。
このモジュールは簡単にATコマンドでコントロールできるし、Arduino化もできるのでArduinoと同じように使用できる。
当然、IDEもArduinoのものをそのまま使える。
このモジュールンのすごいことはこれ単体でWebサーバを立てることができる!
もちろん、スマホやタブレットからの見れるし、スマホからこのモジュールの操作もできる。
アクセスポイントモードに切り替えれば単独のWifiの世界になってしまう。
なんとこのモジュールが450円で買える。使いやすいようにDIP化したモジュールでも650円だ。
この写真はアクセスポイントモードにしてタブレットからアクセスした様子。
これはWebserverと通信を行い、モジュールに接続してあるLEDをON、OFFしている様子だ

これはWebserverを立てて、タブレットから見た写真。
無線LANでネットワークにつなぎ、オープンされているNTPサーバに接続し、時間を取得後、自分自身のWebserverにUploadしたものをタブレットから見た様子だ。
この写真のように動かすのはすごく簡単でほとんどがコピペでできてしまう。
すごい世界だ。

この後はこれに様々なセンサーを接続しスマホに送ってみる実験だ!
やることがいっぱいあって大変なのだ。

物置が狭くなってきたので少しずつ機材を放出しています。
手始めはトリトン、ワークセンター2000、一式です。業者の方に取りに来ていただきました。
買ったときは10万円位したのですがいくらで売れるかな~??現在査定中です。
次が木工旋盤かな??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。