GPS 受信機

Arduinoを遊んでいると、なかなか面白い。データロガーを作ってラジコン飛行機に乗せてみようなんて考えて、今日はGPS受信機のテストをやってみた。
このキットは非常に簡単でGPS受信キットとシリアル⇔USB変換モジュールをつないでUSBでパソコンにつなげば動き出す。
当然、パソコンには処理用のソフトをセットアップしてあることが前提だ。
ソフトはこのモジュールの発売元の秋月電子からMini GPSというソフトダウンロードすればよい。
これが部品のすべてで今回はテストだけなのでバックアップ用の電池は使わない。
とりあえずはGPSの情報をSDカードに書き込むだけのロガーを作ることを第一ステップとしてみる。
gps-kit gps-torisetu
窓際にちょっと、置いておくと赤いLEDが点滅をはじめ、GPSの信号を受信し始めた。
この受信機はJAXAの準天頂衛星初号機「みちびき」も受信できる優れものだ。
rec-gps これは秋月電子からダウンロードしたMiniGPSの動作画面です。「みちびき」は受信してませんね。
予想以上に簡単に動いてしまったので拍子抜けだったので別のソフトでも試してみましたよ。
minigps

これはLOCOSYS社のGPSFoxでも動かしてみました。これは本格的なものですごいですね。
SVの項目の193とありますがこれがJAXAの準天頂衛星初号機「みちびき」の衛星番号らしいです。アンテナの向きが悪かったので正しく受信してません。向きを直せば最高感度で受信できます。
gpsfox

こんな遊びをするために沢山パーツを買ってしまった!!
akizuki-parts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。